tel.03-3957-1735

医院案内Clinic

院長あいさつ

院長あいさつ

木村歯科医院のホームページにご訪問くださり、誠にありがとうございます。
当院は1968年に先代が開業してから約50年、地域に密着したかかりつけ医を目指し数多くの患者さんを診療してまいりました。現在では代が替わりましたが、以前と変わらず患者さんのご家族皆様が来院しやすい医院づくりを目指し、小さなお子さんからお年寄りまで、幅広い年齢層の患者さんのホームドクターであり続けることを目標に取り組んでいます。
また、地域に根差した歯科医院として、往診にもできる限りの対応を心がけています。病気などで来院されるのが困難になってしまった場合は、是非一度ご相談ください。
当院のコンセプトは、患者さん一人ひとりとのコミュニケーションを重視し、治療を行う歯科医師と歯科衛生士が、患者さんと協力し合い力を合わせて治療にあたることです。そうすることで、より詳細な情報連携と多方面からの診断、説明、治療ができると考えています。まずはどのようなことでお悩みなのか、どんな治療をしたいのかお話しください。木村歯科医院は地域密着のかかりつけ医として、皆様のお口の健康を守ります。

院長 木村 拡司 キムラ コウジ

経歴
  • 2001年 昭和大学歯学部 卒業
  • 2005年 昭和大学歯学部大学院 卒業 歯学博士学位 取得
  • 2005年 昭和大学歯学部歯科補綴学教室 入局
  • 2007年 木村歯科医院 就職

診療案内

歯科

「歯が痛い、しみる」、「歯がグラグラする、歯ぐきが腫れた」などの症状を感じたら、もしかしたらそれは虫歯や歯周病かもしれません。虫歯や歯周病はしばらく放っておくと症状が和らぐことはありますが、決して治りません。それどころがどんどん酷くなってしまいます。気づいたらそのままにせず、すぐに治療することが大切です。当院の治療方針は、歯を出来る限り抜かずに、削ることも最小限にとどめた治療をすることです。患者さんの本来の歯を活かし快適な生活を送っていただけるよう、様々な知識、技術、方法をもって治療にあたります。どうぞお気軽にご相談ください。

小児歯科

「いずれ生え替わるから」と子供の歯(乳歯)の虫歯を軽視する親御さんがいらっしゃいますが、乳歯の虫歯はお子さんの体の成長や発音、大人の歯(永久歯)にまで影響を及ぼす場合があります。また、乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすい構造になっています。
お子さんの歯を虫歯にしないためには毎日のお口のケア、生活習慣の改善が重要と考えます。当院ではそのお手伝いとして、仕上げ磨きの指導や虫歯になりにくい食生活の指導、フッ素やシーラントなどの予防処置などを行っております。どうぞお気軽にご相談ください。
また治療を行う時には、まず最初にお子さんの気持ちに寄り添うことを第一に考えています。コミュニケーションを取りながら、歯を削る恐怖や痛みに少しずつ慣れていけるよう段階を踏んだ治療を行います。歯科に初めて来院するお子さんや、治療を怖がってしまうお子さんも、安心して当院にお任せいただければと思います。
お子さんが生涯虫歯で困ることのないよう、小さな頃からしっかりとケアを行いましょう。

歯科口腔外科

口腔内の外科治療を行います。親知らずが気になる、顎が開かない、口の中が痛む、膿がたまっている、唇や歯ぐきが腫れている等、お口の中のトラブルがありましたらお気軽にご相談ください。
・親知らずについて
親知らずは、必ずしも抜かなければいけないということはありません。正常に生えていれば抜く必要がないこともあります。ただし、横に生えていたり外側や内側に傾いて生えている場合は、歯磨きがしづらくなり親知らずやその隣の歯が虫歯になるなど、様々な悪影響を起こします。この場合は、お口の環境を整えるという意味でも親知らずを抜くことをお勧めします。親知らずが気になる方は、是非一度ご相談ください。
・顎関節症について
「顎が痛くて口が開かない」、「口を開けた時に関節から音がする」などの症状があった場合、それは顎関節症かもしれません。放置しておくと突然激痛が走ったり、顎や肩の筋肉が痛くなったりします。そうなる前にぜひ一度ご相談ください。

予防・メンテナンス

「歯が痛くなったから歯医者に行く」という方、いらっしゃいませんか?
最近では「歯が痛くなる前に歯医者に行く」という予防の考え方が重要視されています。実は虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。日本における歯科治療の約3分の2が再発した病気の再治療だといわれています。「治す」よりも前に「予防する」方が、いつまでも健康な自分の歯を保つことが出来るでしょう。当院ではそのお手伝いとして、歯科衛生士による定期的な歯のお掃除、歯の磨き方、食生活の改善、フッ素の利用など、様々なアプローチで虫歯、歯周病を予防します。痛くなってから歯科へ行くのではなく、日頃からの予防を心がけましょう。

矯正歯科

歯並びが悪いと食べ物がよく挟まったり、歯ブラシなどで汚れが落としにくい部分ができ、虫歯や歯周病になる原因となります。矯正治療できれいな歯並びになれば、そういった原因で起こる虫歯や歯周病を防ぐことができ、笑顔にも自信がもてるようになります。さらに噛み合わせが良くなるのでよく噛むことが出来るようになり、食べ物を美味しく食べられるようになります。矯正治療に対する不安や疑問がございましたらお気軽にご相談ください。当院では矯正治療の施術はございませんが、信頼できる矯正医をご紹介させていただきます。

歯周病

「歯磨きの時に血が出る」、「歯ぐきが下がって歯が長くなったように見える」、「口臭が気になる」というような症状があったら、それはもしかしたら歯周病かもしれません。歯周病とは、歯の汚れ(歯垢・プラーク)に含まれる細菌が原因となり、歯ぐきが炎症をおこすことです。初期では自覚症状を伴わない状態で進行していくため、「歯がグラグラする」、「歯ぐきが大きく腫れて痛い」などの症状がでて、重症化した時に初めて気づくということが多いです。放置しておくと歯を支える顎の骨が破壊され、最終的に歯が抜け落ちてしまうケースもあります。また、歯周病は最初は気づきにくい病気であるため、日本の成人の約80%が歯周病といわれており、歯を失う原因の第1位になっています。歯周病で歯を失わないためには、手遅れになる前に早期発見・早期治療を行うことが大切です。歯周病の治療は、歯科医院での定期検診が欠かせません。ご自宅で行う歯磨きと、歯科医院での定期検診、歯のお掃除をしっかり行い、歯周病から歯を守りましょう。

ホワイトニング

歯を白くしたいという方はホワイトニングをおすすめします。ある程度はクリーニング(歯のお掃除)だけでもきれいになりますが、歯の黄ばみ自体を白くするのにはホワイトニングが有効です。専用のジェルを用いて白くするので歯を削ることなく手軽に本来のご自身の歯を白くできます。
白くてきれいな歯は、その人の笑顔の印象がとても明るく爽やかになり、健康的で好感を得られやすくなる効果があるようです。歯を白くしたいという方は、是非一度ご相談ください。

入れ歯(義歯)

虫歯や歯周病、事故などで歯がなくなってしまった場合、そのままにしておくと周りの歯が動いて噛み合わせが乱れてしまうことがあります。噛み合わせが乱れたまま放置していると、顎の関節や筋肉に負担がかかり、関節が痛くなったり頭痛の原因になったりします。また歯が動くことで歯磨きがしにくい部分ができ、虫歯や歯周病が進行したり、後から入れ歯を作ろうとした時に作りにくくなることもあります。そうならないためにも、歯を失ったら早めに治療を受けましょう。
当院では、患者さんのご希望に添えるように、金属が見えない入れ歯や柔らかい入れ歯、金属なのにすごく軽い入れ歯など色々な入れ歯をご用意してあります。ただし症例によっては出来ないこともありますので、どうぞお気軽にご相談ください。

▲ページトップ